【コナン】RUM(ラム)の初登場と回想シーンは何話?あの老人がRUM(ラム)と話題に!

名探偵コナン

名探偵コナンのRUM(ラム)の初登場と回想シーンについてまとめました。

ついに黒の組織のNo.2ことRUM(ラム)の正体が脇田兼則と判明しました。

気になる名探偵コナンのRUM(ラム)の初登場と回想シーンは何話なのか?見ていきましょう!

スポンサーリンク

【コナン】RUM(ラム)の初登場と回想シーンは何話?

黒の組織のNo.2がRUM(ラム)というコードネームが判明したあの当時から、黒田兵衛、若狭留美、脇田兼則の3人の中にRUM(ラム)がいる情報まで何年にも渡って誰がRUM(ラム)なのか様々な推理が繰り広げられていましたね。

ついに2020年12月9日発売の週刊少年サンデー 2021年2-3合併号でRUM(ラム)の正体が脇田兼則と判明しました。

私は若狭か脇田のどちらかがRUM(ラム)と思っていましたので脇田かぁ~って思いました。

脇田のちょび髭と出っ歯は偽物でしたね笑

FILE.1066/RUMの最新話で、脇田兼則ことRUM(ラム)が車の中で回想し、赤井秀一とアンドレ・キャメルと居たシーンが描かれました。

キャメルは「ここは危ないからいちゃダメです!」「おじいさん!!」と老人に言っていました。

おそらくあのシーンがRUM(ラム)の初登場になります。あの回想シーンはコミックとアニメで何話なのか?見ていきましょう!

 

RUM(ラム)のコミック初登場と回想シーンは何話?

RUM(ラム)の初登場と回想シーンは何話なのか?コミックからご紹介します。

 

2007年5月23日発売の週刊少年サンデー 2007年23号

  • FILE.607/キャメルの過去

 

2007年7月18日発売のコミックス58巻

  • 第10話/キャメルの過去

 

RUM(ラム)の正体が判明したのが最新話のFILE.1066で、RUM(ラム)の初登場がFILE.607!!そんなにも前からRUM(ラム)が登場していたとは…年数も約13年前で驚きです。

RUM(ラム)の回想シーンのストーリーは、「FILE.607/キャメルの過去」でジョディ・スターリングが2年前に何があったのかキャメルに聞くと、

2年前に組織の幹部と待ち合わせしていた赤井(ライ)と捕まえようと張り込んでいたFBI、そこに老人が現れて座り込んでしまい、赤井は無視していたのだがキャメルは思わず声をかけてしまい組織の幹部を捕まえ損ねてしまったシーンでした。

この老人は当時からボス?RUM(ラム)?ピスコ?変装した黒の組織の誰かではないか?と話題になりましたね。

結果あの老人がRUM(ラム)で、この時から登場していたんですね。

 

RUM(ラム)のアニメ初登場と回想シーンは何話?

RUM(ラム)の回想シーン、アニメでは2008年4月28日に放送した

  • FILE.502/赤と黒のクラッシュ 潔白

で老人ことRUM(ラム)が初登場しました。

放送内容はコミックと同じ内容になります。

DVDでは、名探偵コナン PART 17 Vol.4で見ることができます。RUM(ラム)がどんな動きか気になってアニメを見返してしまいました。

スポンサーリンク

【コナン】RUM(ラム)の初登場と回想シーンは何話?まとめ

【コナン】RUM(ラム)の初登場と回想シーンは何話?でした。

RUM(ラム)の初登場と回想シーンは、

  • コミック(コミックス58巻)「FILE.607/キャメルの過去」
  • アニメ(DVD/PART 17 Vol.4)「FILE.502/赤と黒のクラッシュ 潔白」

でした。ついにRUM(ラム)の正体が判明してさらに面白い展開になりましたね。

またRUM(ラム)に関しての新しい情報が分かり次第更新します。

今後の脇田兼則ことRUM(ラム)の行動に注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
名探偵コナン
スポンサーリンク
クッキーをフォローする
憩いの場

コメント

タイトルとURLをコピーしました