【コナン】RUM(ラム)の正体が脇田なのはミスリード?怪しいシーンが話題に!

名探偵コナン

名探偵コナンのRUM(ラム)の正体が脇田なのはミスリード?についてまとめました。

ついに黒の組織のNo.2ことRUM(ラム)の正体が脇田兼則と判明しました。

気になる名探偵コナンのRUM(ラム)の正体が脇田はミスリードなのか?見ていきましょう!

スポンサーリンク

【コナン】RUM(ラム)の正体が脇田なのはミスリード?

2020年12月9日発売の週刊少年サンデー 2021年2-3合併号「FILE.1066/RUM」で、RUM(ラム)の正体が脇田兼則と判明しました。

RUM(ラム)が脇田と判明し話題になりましたが、このシーンおかしくない?本当にRUM(ラム)が脇田なの?ミスリードではないか?と、ミスリード説も話題になりました。

その気になる「FILE.1066/RUM」のミスリード説を見ていきましょう!

 

考察1 車のシーン

RUM(ラム)「懐かしい話ですね…」と話し始めた車のシーンですが、RUM(ラム)は後部座席に乗っています。

注目は助手席の人で、

  • 夜のシーンでは右耳が出ている/右耳にインカムなし
  • 夜明けのシーンではロン毛で右耳は隠れている/右耳にインカムあり

※インカム(Bluetoothイヤホンやハンズフリー等)

と、夜と夜明けのシーンで助手席の人の違いが見られます。

夜のシーンは、わずかな見切れで描かれていますが確認できます。

また車の内装が夜と夜明けのシーンで違うとも言われています。

 

考察2 眼帯を付けるシーン

RUM(ラム)が脇田に変装するシーンが描かれていますが、最後に眼帯を付けるシーンで、

  • 助手席の人
  • 眼帯を付けようとする左手

が描かれており、左目目線になっています。

RUM(ラム)は左右どちらかの目が義眼なので、眼帯を付けるシーンで左目目線ということは左目は見えているのではないか?と言われています。

 

結果 RUM(ラム)=脇田はミスリードなのか?

  • 夜と夜明けのシーンで助手席の人が別人
  • 夜と夜明けのシーンで車の内装が違う
  • 眼帯を付けるシーンが左目目線

と怪しいシーンがいくつも描かれており、RUM(ラム)=脇田ではないと言われています。

確かに怪しいなと思い「FILE.1066/RUM」を何度も確認しました。

私の考察は、

  • 夜と夜明けのシーンで助手席の人が別人
  • 夜と夜明けのシーンで車の内装が違う

夜と夜明けでシーンが変わるので、助手席の人が入れ替わったのではないか?とも言われています。

車と運転席の人は2シーンとも一緒になりますので、助手席の人は同一人物で作画ミスの可能性もあります。もしかしたらコミックスで修正されるかもしれませんね。

 

  • 眼帯を付けるシーンが左目目線

RUM(ラム)がニヤリと薄気味悪い笑みをしているシーンで、左目が白く描かれており義眼だと思います。

左目目線なのは、左目は義眼で見えていませんが、眼帯で左目を覆うように被せる意図的な表現しているのではないかと思います。

 

RUM(ラム)=脇田がミスリードではないかと、読めば読むほど怪しく思えてきましたが、

「FILE.1066/RUM」のストーリーの流れや、最後の毛利探偵事務所を睨みつけるように見るRUM(ラム)のシーンで「ふざけた名前の男は、すぐ傍に。」という台詞で、RUM(ラム)の正体が脇田で合っていると思います。

スポンサーリンク

【コナン】RUM(ラム)の正体が脇田なのはミスリード?まとめ

【コナン】RUM(ラム)の正体が脇田なのはミスリード?でした。

いかがでしたでしょうか?読めば読むほどRUM(ラム)=脇田が怪しく思えてきましたね。

ストーリーの流れや、最後のシーンでRUM(ラム)の正体が脇田で合っていると思います。

FILE.1067で続きが読めるのか、全く違う話に変わるのか、後の脇田兼則ことRUM(ラム)の行動に注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
名探偵コナン
スポンサーリンク
クッキーをフォローする
憩いの場

コメント

タイトルとURLをコピーしました