シンエヴァ庵野監督がラストカットで入れた好きなものは太陽家具?ものすごいお金をかけたと話題に!

シンエヴァ

シンエヴァ庵野監督がラストカットで入れた好きなものは太陽家具?についてまとめました。

シン・エヴァンゲリオン劇場版の舞台挨拶で庵野監督が話した、ものすごいお金をかけてラストカットの実写で入れた好きなものを画像付きで詳しくご紹介!

庵野監督がラストカットの実写で入れた好きなものは太陽家具なのか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

シンエヴァ庵野監督がラストカットで入れた好きなものは太陽家具?

絶賛公開中『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

公開から37日目で興行収入75億円突破。 観客動員数489万人と大人気です。

そんな大人気のシンエヴァが4月11日に2回目の舞台挨拶が行われました。

その舞台挨拶で庵野監督が「ラストカットの実写はものすごいお金をかけて、好きなものを1個入れている。それは気づいていただけると幸いです」と話していました。

舞台挨拶後にSNSでは『太陽家具』ではないか?と話題になりました。

庵野監督がラストカットの実写で入れた好きなものは太陽家具なのか?ご紹介します。

 

庵野監督がラストカットで入れた好きなものは太陽家具と判明!

シンエヴァのラストシーンと言えば宇部新川駅がモデルと話題になりましたね。

リンク:【ネタバレ】シンエヴァのラストシーンは宇部新川駅で確定!聖地巡礼するエヴァファン続出!

ラストシーンを簡単にご紹介すると、宇部新川駅のホームから始まり、シンジとマリが宇部新川駅の階段を駆け上がって、上空で宇部新川駅から左回り90度に周辺が描かれていました。

庵野監督が話したラストカットはここのシーンになります。

最後の上空シーンは1分もない宇部市の上空シーンで、1分で見つけるのは大変ですよね。

舞台挨拶後から考察が繰り広げられていましたが、あるビルということが判明しました。

庵野監督が話した「ラストカットの実写はものすごいお金をかけて、好きなものを1個入れている。それは気づいていただけると幸いです」と話した好きなものは、

  • 太陽家具宇部本店ビル

と判明しました。

太陽家具こと株式会社太陽家具百貨店は山口県宇部市に本店を置く家具販売業者です。

 

太陽家具宇部本店ビルの場所

太陽家具宇部本店ビルの場所は、地図ではだいたいスーパーホテルの隣のマンション辺り(Googleのマーク)です。

※ピンの住所は地図表示のためのダミーです

現在、太陽家具宇部本店ビルは取り壊されて移転、跡地にはマンションが建っています。

この場所はラストシーンでいうと、上空で宇部新川駅から左回り90度に回ってゆっくりズームインしている部分になります。

 

太陽家具宇部本店ビルは庵野監督の過去作品にも登場

実は太陽家具宇部本店ビルは2000年製作の庵野監督による実写映画「式日」にも登場していました。

式日は第13回東京国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞しています。

庵野監督がなぜ太陽家具宇部本店ビルが好きなのかは判明していませんが、山口県宇部市は庵野さんの地元ということと、式日は20年前の作品ですので庵野監督にとって思い出の作品かもしれませんね。

式日を見ると何はヒントが隠されているかもしれません。

※また詳しい情報が分かり次第更新します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンエヴァ
スポンサーリンク
クッキーをフォローする
憩いの場

コメント

タイトルとURLをコピーしました